赤ちゃん,ミルク,水,ウォーターサーバー,軟水,PET,環境ホルモン

赤ちゃん ミルク 水

放射能の子供への影響

放射能が子供へ与える影響について

小児といわれる15歳以下の子供は、活発に運動し、代謝も活発で成長も盛んです。

放射線の生物影響の一般論として、特に動物の幼若なほど放射線に対する感受性が高いといわれています。これは、生物体が幼若で成長が急であるほど、分裂している細胞が多く、これらは分裂を休止している細胞と比べて、放射線に対する感受性が高いためとされています。

そのため、子供の放射線の人体への健康影響は、大人より深刻になりやすいことがいわれています。

放射線を受けるとがんが発生することは、現在は多くのメディアでも取り上げられていますので、よく知られています。がんの発生確率は、線量に比例して増加することがわかっており、放射線誘発がんは確率的影響とされています。

放射線の影響における年齢依存性、または幼若期被ばくの特徴については、詳細な研究がされています。

放射線による発がんは、広島と長崎での原爆被爆者、チェルノブイリ事故で被ばくした人々、医療被ばくした患者などを対象として、疫学調査が行われ、被ばく時の年齢による影響は明らかになっています。

特に甲状腺腫瘍などは、子供、特に若い小児ほど高い感受性が顕著になっています。ただし、年齢による違いがほとんど見られない健康影響も多数ありますので、実態は多様ではありますが。

子供の被ばくの影響が大きい理由として、病気になったり、健康を害することになるのは、若い子供の方が人生全体へのダメージが大きいことです。

そして、放射線を被ばくしたことでのDNA 損傷の健康への影響は、被ばくしてから年月が経ってもずっと変わりません。そのため、たとえ DNA が受けた影響が同じであっても、子供が被ばくした方が大人と比べて、健康被害が現実に表れる可能性が高くなります。

また、実際のDNAの影響は同じではないこともわかっています。被ばくしたときの年齢が低い方が、放射線によるDNAの損傷は大きいのです。

ページトップ⇒粉ミルク 水 選び方

おすすめウォーターサーバー⇒粉ミルクにおすすめウォーターサーバー

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX業者比較