赤ちゃん,ミルク,水,ウォーターサーバー,軟水,PET,環境ホルモン

赤ちゃん ミルク 水

粉ミルク ミネラル水

粉ミルクとミネラル水

大切な赤ちゃんには、食べる物も飲む物も、できるだけピュアで安全なものを与えたいもの。ですが、赤ちゃんのミルク用を作る水に、ミネラルウォーターはおすすめできません。

画像の説明

意外に思うかもしれませんが、その理由は、ミネラルウォーターが硬水ですからです。


硬水は、カルシウムとマグネシウムの含有量が120mg以上含まれています。
市販の粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要なミネラルなどの栄養素がきちんと配合されています。ですから、それ自体がミネラルを含むミネラルウォーターで作ったミルクは、赤ちゃんにとってはミネラル過多の状態になってしまうのです。

過ぎたるは、及ばざるがごとし。栄養分であるはずのミネラルが過剰になると、逆に赤ちゃんの体に負担となり、健康を害する危険もあります。子育て中のお母さんは特に、赤ちゃんのミネラル過多にはよく注意していただきたいと思います。


なお、WHOが定める飲料水のガイドラインでは、1リットル当たりのカルシウム・マグネシウムの含有量が60mg未満である軟水とされています。

ですから、赤ちゃんのミルク用として使う水を購入する際は、できるだけ硬度の低い軟水(硬度が100未満のもの)やピュアウォーターを選びましょう。この程度であればミネラル過多になることはなく、赤ちゃんの健康を害する恐れはありません。

おすすめウォーターサーバー⇒粉ミルクにおすすめウォーターサーバー


ミネラル水はからだによくない?

しかし、ミネラルウォーターで作ったミルクを一度飲んだくらいで、すぐミネラル過多の悪影響が出ることはありません。非常時などは硬水を使うのもやむを得ないでしょう。


なお、日本で普通に手に入る水道水は、ミネラル分の少ない軟水です。赤ちゃんのミルク用として利用しても問題ない上、日本人の体質にも合っていますので、これを使うのも良いでしょう。

ちなみに、ミネラル過多が体に良くないのは、赤ちゃんだけではありません。


成人した大人でも、ミネラル過多は体を害する恐れがあります。また、高齢者や病気などで体が弱っている人も、やはり同様にミネラル過多が体に悪影響を与えます。

ミネラル


たかが水くらい、と安易に考えず、ミネラルウォーターは健康状態に十分注意しながら摂取するようにしましょう。

これらの状況を鑑みて、当サイトがお勧めする粉ミルクにお勧めの水はこちらでくわしく紹介しています。

ページトップ⇒粉ミルク 水 選び方

おすすめウォーターサーバー⇒粉ミルクにおすすめウォーターサーバー


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX業者比較