赤ちゃん,ミルク,水,ウォーターサーバー,軟水,PET,環境ホルモン

赤ちゃん ミルク 水

調乳 水

調乳と水について

粉ミルク 水 選び方とともに調乳にも注意が必要です。

「調乳」とは、赤ちゃんの月齢や発育状態などに応じて、ミルクの濃さや量を調整することです。母乳で育てているお母さんは、さほど調乳のことを気にすることはないと思いますが、ミルクを赤ちゃんに与えているお母さんは、粉ミルク 水 選び方とともに、ぜひ調乳のことを正しく知ってください。

まず調乳の方法ですが、およそ以下のような流れになります。

  1. 哺乳びんにお湯を入れる
    水を一度沸騰させた後、50~60℃に冷まして哺乳びんに入れます。熱湯は、ビタミンなどの栄養素を破壊する恐れがありますので避けてください。箇条書き1
  2. 哺乳びんにミルクを入れる
    粉ミルクを、専用のスプーンで哺乳びんに量って入れます。
  3. 軽く振って溶かす
    哺乳びんを軽く振ってミルクを溶かします。この時、水平に円を描くように振るのがポイントです。上下に振ると、空気が入ってダマになりやすくなります。
  4. お湯を足す
    出来上がりの量まで、哺乳びんにお湯を足します。ミルクが泡立っている時は、泡の一番下の高さが出来上がりの目安です。
  5. 5.乳首をセットする
    哺乳びんに乳首をセットし、軽く振ります。硬く締めすぎないよう注意してください。
  6. 温度を確認する
    ミルクの温度は、40度くらいが適温です。赤ちゃんに与える前に、腕の内側などにミルクを数滴たらして温度を確認してください。

調乳をする時は、必ず手を洗いましょう。また、計量は正確に。そして、絶対に飲み残しを赤ちゃんに与えないようにしましょう。「清潔」「正確」「新鮮」がポイントです。

調乳には、50~60℃のお湯が必要です。これをを作るには、冷蔵庫に赤ちゃん用の水を用意しておくと便利です。電気ポットで保温状態にしておいた熱湯と、水を混ぜて温度を調節すれば、適温のお湯が簡単にできます。

調乳に使う水を「調乳用水」と言います。調乳には、水道水を使うのが基本です。

ただし水道水は、一度沸騰させてから使いましょう。ブリタなどのポット型浄水器を使う場合も、必ず一度沸騰させます。

粉ミルク 水 選び方で注意することは、もし、調乳用水としてミネラルウォーターを使う場合は、必ずミネラルの少ない軟水を利用してください。

赤ちゃんに安全な水はROろ過水

ピュア水

ROろ過とは、RO膜システムを用いた水のろ過システムで、不純物を含まないピュアなろ過水を作り出すことができます。ROろ過した水は、その純粋さから安全性に大きな魅力があります。ただしメーカーが販売しているものは、ミネラル分を含んでいることがありますので、赤ちゃんのミルク用に使う場合は、成分の確認が必要です。

また、ROろ過された水は、便利なウォーターサーバーでも販売されており、子育て中のお母さんたちから好評を得ています。ミルク用として使えるのはもちろん、ご家族みんなで安心・安全な水が飲めるからです。

これらの状況を鑑みて、当サイトがお勧めする粉ミルクにお勧めの水はこちらでくわしく紹介しています。

ページトップ⇒粉ミルク 水 選び方

おすすめウォーターサーバー⇒粉ミルクにおすすめウォーターサーバー





powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX業者比較