赤ちゃん,ミルク,水,ウォーターサーバー,軟水,PET,環境ホルモン

赤ちゃん ミルク 水

赤ちゃん 水 水道水

赤ちゃんの水に水道水は適当か?

皆さんは、赤ちゃんのミルクに使う水はどうしていますか?
今は色々な水がお店で購入できるので、水道水を使っていない、という人も多いかもしれません。

ですが、赤ちゃんの粉ミルクを作る時の水は、水道水によほど問題がない限り、水道水を使うことをおすすめします。なぜなら、市販の粉ミルクは水道水を使って作ることを前提として開発されているからです。
もちろん、水道水を使う時は、あらかじめ水を沸騰させて有害物質などをできるだけ取り除くようにしてください。

ただし今まではです。




水道水も問題があるときもある

そうは言っても、どうしても水道水を赤ちゃんのミルク用に使うのに問題があることもあります。

たとえば、先の東日本大震災に伴う福島県での原発事故は甚大な被害をもたらしましたが、中でも影響が大きかったのは、水道水の放射能汚染への懸念です。関東・東北地方では、多くの方が、水道水を使うことに不安を感じていることでしょう。

このような場合は、水道水とは別の、代用の水を使うことになります。

まず選択肢として思いつくのが、市販のミネラルウォーターを使う方法です。実際に、お母さんがミネラルウォーターを愛飲していて、赤ちゃんのミルクの水も、それを使っているお母さんも多いようです。

ですが、粉ミルクに含まれるミネラルと、ミネラルウォーター自体のミネラル分が一緒になると、場合によっては赤ちゃんにとってミネラル過多の状態になってしまいます。赤ちゃんのおなかはとてもデリケート。ミネラルの過剰摂取は、赤ちゃんの体にとっては負担です。

したがって、水道水の代用にミネラルウォーターを使う場合は、国産のもので、亜鉛や鉄などのミネラルが少ない軟水を選んでください。



粉ミルクメーカーが定める基準

粉ミルクのメーカーが定めている基準は、以下の通りです。

・硬度:60以下
・pH:6~8
・マグネシウム:1リットル当たり30mg以下
・カルシウム:1リットル当たり285mg以下
・カリウム:1リットル当たり367mg以下
・ナトリウム:1リットル当たり42mg以下

ミネラルウォーターのペットボトルには成分表が記載されていますので、必ず確認してから使いましょう。

ウォーターサーバーを使う場合も同様です。「限りなく純水に近い」などのコピーを鵜呑みにせず、必ずご自分の目で確認してください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX業者比較