赤ちゃん,ミルク,水,ウォーターサーバー,軟水,PET,環境ホルモン

赤ちゃん ミルク 水

軟水とは

硬水と軟水の区分

水写真

ミネラルウォーターには、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分(無機塩類)が含まれています。このミネラル分が多いか少ないかを表す指標が「水の硬度」です。

この硬度を基準にして、硬度が一定基準よりも高いもの(=ミネラル分が多いもの)を硬水、低いもの(=ミネラル分が少ないもの)を軟水といっています。

硬水と軟水の区分は、水分中のミネラル(主にカルシウムとマグネシウム)が含まれる割合によります。WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

簡単にいうと、カルシウムとマグネシウムが比較的多く含まれる水が硬水になります。

東京の水道水の硬度は60mg/l前後で軟水になります。また日本産のミネラルウォーターは、殆どが軟水になります。

これに対して、ミネラルウォーターで有名なエビアンをはじめ
欧州の水の硬度は300mg/lを超えるものもあり、硬水になります。

一般的には、

硬度0~100mg/lを軟水、101~300mg/lを中硬水、301mg/l以上を硬水

に分けられます。



あかちゃんのための


日本の軟水の主な特徴

金城の華(島根県) 硬度40mg/L

硬度が高いミネラルウォーターは、ミネラル分が粉ミルクの栄養バランスを崩すことがあります。

また、赤ちゃんの身体はミネラルやマグネシウムが多すぎると、腎臓やその他の機能がまだ発達していないため負担になってしまうのです。

金城の華は、硬度40mg/Lで、マグネシウムの含有量も100mlあたりごく微量の0.04mg。赤ちゃんにもママにも安心して飲んでいただける、身体にやさしい軟水です。

>>金城が産地のウォーターサーバーはこちら



日田の天然水(大分県) 硬度32mg/L

日田の銘水は、日田市の深い地層から汲み上げらた、天然のミネラルバランスを保った硬度約32mg/ℓの、飲みやすくおいしい軟水です。

自然にpH約8.3に保たれた、活性水素も含んだ体に優しい弱アルカリ性の天然水なのです。

日田の天然水は、何千年、何億年という時をかけ育まれた天然のフィルターである何層もの地層を潜って磨かれた、希少価値の高い天然のミネラルウォーターです。

>>日田が産地のウォーターサーバーはこちら



富士山の天然水(山梨県)硬度29mg/L

富士山の天然水は、バナジウムを含む天然水として有名です。

富士山は日本では珍しく玄武岩が多い地層となっており、この玄武岩には多くのバナジウムが含まれている為に、その地層でろ過された水にバナジウムが溶け出し、標高3776mの富士山を長い年月でジックリしっかりとくぐりぬけて地下に流れ落ちる為に、その過程で水の中には天然のバジリウムが含まれる仕組みになっているのです。

富士山の天然水は、疲労回復などの効果があるとされるバナジウムが豊富に含まれ、軟水なのでそのまま飲料水として飲むのはもちろん、お茶、コーヒー、お米の炊飯、赤ちゃんにも適した、ナチュラルミネラルウォーターです。

>>富士山の天然水が産地のウォーターサーバーはこちら



京都の天然水(京都府) 硬度29mg/L

京都の天然水は、福知山市の三岳山麓が採水地になっており、三岳山は遠い昔に噴火したとされており、地下地盤が花崗岩で覆われているのが特徴的です。

その花崗岩を長い年月をかけて浸透して湧き出す天然水は、自然の状態で持っている本来の美味しさとミネラルを損なうことがありません。

水のおいしさとミネラルバランスは天然水の中でも抜群で健康管理として飲む人も多く、炊飯はもちろん、煮物やみそ汁では、だしの旨味がよく引き出されるなど、和食全般にぴったりです。
また、コーヒーやお茶、赤ちゃんのミルクづくりなどにも適しているとされ、日本酒を醸造すると、ソフトな甘口の酒ができるといわれます。

>>京都が産地のウォーターサーバーはこちら

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX業者比較