赤ちゃん,ミルク,水,ウォーターサーバー,軟水,PET,環境ホルモン

赤ちゃん ミルク 水

ミネラル過多へ注意

ミネラル過多へ注意

赤ちゃんのミルク用のお水として、ミネラルウォーターはおすすめできません。ミネラルウォーターは硬水ですから、硬水を使うことは望ましくないのです。

WHOの飲料水のガイドラインによると、1リットル当たりに含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量が60mg未満である軟水とされています。硬水は、カルシウムとマグネシウムの含有量が120mg以上含まれています。赤ちゃんのミルクをつくるときは、硬度が100を超えないものが望ましく、赤ちゃんの健康を害することもありません。


しかし、水道水に不安があってミネラルウォーターでつくったミルクを一度飲んだだけで、すぐに影響が出るわけではありません。非常時などやむを得ない場合は、硬水を使うことも仕方がないでしょう。安全のため水を購入して赤ちゃんのミルクをつくるのに使うときは、できるだけ硬度の低い軟水かピュアウォーターを使うようにしましょう。


日本の水道水はミネラル分が少ない軟水ですから、ミルク用としても合っています。また、日本人の体にも非常に合っている水ですので、できれば日本人の体に合った水を使うことが、体の健康にもよいでしょう。


赤ちゃんのミルクをつくる粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要な栄養素がすべて含まれています。ミネラルも含まれていますので、ミネラルウォーターでつくってしまうと、ミネラル分が過剰になります。ミネラルが過剰になると、赤ちゃんの体に負担がかかり、健康を害する危険もあるため、注意する必要があるのです。


赤ちゃんだけでなく、お年寄りや病中の人なども体が弱っているため、ミネラルの摂り過ぎは体に負担を与えます。健康を害することもあるため、ミネラルウォーターを摂るときは注意が必要です。成人している大人でも、ミネラルの摂り過ぎは体を害することがあるといわれています。ミネラルウォーターは、自分の体の状態を見ながら利用した方がよいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX業者比較